iWorkspaceでクリップボードを操る その2

投稿日: 更新日:

※この記事は通知センターとバックグラウンド監視が前提になりますので、有効にしておいてください。

 

クリップボード監視機能に革新を

iWorkspaceの監視機能が素晴らしいのは、データの行先を指定出来るところにあります。
デフォルトだと、通知をタップしても、そのデータがクリップボードに復帰するだけ。

それが、設定によって激変します。
例えばDraftPadにクリップボード監視をつけるようなことも。

 

まずはDraftPadを起動できるように

draftpad:///insert?after=_Q_

→DraftPad起動 をインポート

この時アイテム編集画面で鎖マークをタップして、アイテム起動用URLをコピーしておいてください。
IMG_4089

スキームがあれば他のアプリでも構いません。

(例)thumbedit://?text=_Q_&mode=insert
(例)slpro://_Q_

 

起動URLを変換登録します

通知タップ時の設定を変更するには

iworkspace://configure?clipboardnotificationtapurl=<URL>

このような形のアイテムを登録する必要があるので、それを補助するスクリプトを作りました。

→通知挙動登録 をインポート

さっきコピーしたアイテム起動用URLをもとに、設定用スキームに変換登録してくれますので実行してください。
実行すると通知設定用のアイテムが出来ますので、タイトルは自分で分かりやすいように。

 

なぜ変換登録が必要か

通知タップ時の設定スキームには、利用したいアプリのスキームを直接書いてもうまくいきません。
URLエンコードしていてもダメ。
まず起動用アイテムを登録し、それを間接的に指定する。

通知挙動登録は、クリップボードのURLをそういった形に変換してくれます。
(ただし起動したいだけの場合は、直接draftpad:を指定しても大丈夫です)

 

使ってみよう

さて、変換登録したアイテムをタップしてください。
『設定が更新されました』というダイアログが出たら成功です。

適当な文字をコピーして、iWorkspaceの通知が出たらタップしてみて下さい。
DraftPadが起動してコピーした文字が貼りつきましたか?

すごい!と思った方は十分です。いろいろ試してください。
できない!という方は@rel0005までご報告を。

できたけどいまいちよくわかってない方は、その3 実践編をお待ちください。

 

おわび

その1 の内容を触れるにはちょっと長くなりそうだったので、次回に持ち越します。

iWorkspace

  • iWorkspace
  • カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
  • 価格: ¥100(記事掲載時)
  • 開発元: Takeyoshi Nakayama

App Store

DraftPad

  • DraftPad
  • カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
  • 価格: 無料(記事掲載時)
  • 開発元: Manabu Ueno

App Store

広告