Pizza-la偽アプリ問題に進展

投稿日: 更新日:

偽アプリ問題にようやく動きがありました。
何のことかわかっていない人は下の記事を読んでおいてください。

Pizza-laのアプリに注意 « reliphone

さて、2014年1月26日現在ストアから下記pizza-la For iPhoneが消えています。

pizza-la For iPhone

価格: 無料
カテゴリ: ビジネス
販売元: hong bo zhou – hong bo zhou
App

昨日は確認しそこねていますが、一昨日まではストアにあったと思うので、14日に発見してから10日以上かかっての削除ですね。
ただし同デベロッパーのツルハドラッグ非公式アプリと、別デベロッパーによるマツキヨアプリは残っています。

企業側がAppleに対してどのように削除要請をしたのかがわかりませんが、おそらくは商標権侵害による異議申し立てでしょう。
削除されたということはこの企業側の言い分が認められたはずですが、これだけ明確にルール違反をやらかしてもデベロッパーのアカウントは残っている。
商標権侵害くらいじゃペナルティ無しなんでしょうか。

この一件に関して、新聞社も動いています。
ツルハ困惑 偽スマホアプリAppStoreに掲載 「使用しないで」-北海道新聞[暮らし・話題]

26日の北海道新聞朝刊に掲載された記事です。

裏取りをまったくしていないネットメディアとは違って、ツルハ側、Apple側からもコメントを取っているのはさすがです。
読む価値があります。

情報流出の可能性はないということですが、このアプリの問題点としては、公式サイトをそのまま表示する仕組みが、本当に公式サイトにつながっているのかがユーザーにはわからないところです。
ブラウザであればアドレスバーによってそのアドレスが正しいかどうかを個々で確認することが出来ますが、アプリ内で表示されるものにはアドレスバーがありません。

いまは公式サイトにつながっている。
ではこのアプリがアップデートした場合、その後につながっているのも公式サイトでしょうか?
そっくりに作られたサイトが表示されたときに、どうやって見抜けるでしょう。

「情報流出など危険なプログラムは含まれていない」というのはアプリの動作に関してです。
繋がるサイトが常に公式であると保証されない限り、こうしたアプリには将来にわたって危険性が伴います。

今回の標的はECサイトでしたが、第三者によるこうした手法が横行すると、スマートフォン用のサイトがある銀行などでも同様の非公式アプリが出る可能性はありますね。
出来があまりにもひどいと叩かれまくっている、みずほ銀行公式アプリですが、こうした観点からするとあるだけマシです。

まあ、あんまりひどいと使い勝手のいい非公式が登場して、公式より人気になってもおかしくないんですが。

広告